Skip to main content

2021年、パンデミックは世界経済を混乱させ続けました。2022年はついに回復の年になるのでしょうか?

2020年以来、健康に関する世界的危機は経済を予測することを困難にしています。2022年には、最近の複数のトレンドにより、今後の動向は予測しやすくなるでしょう。すなわち、家計貯蓄の増加、サプライチェーンの混乱、財に対するサービスの消費増加、あらゆるもののデジタル化、続行するパンデミックと気候変動リスクといったトレンドです。

Mastercard Economics Instituteの年次報告書で以下のことをご確認いただけます。

  • 消費者の貯蓄から消費へのシフトが世界のGDPにどのように影響を及ぼすことになるのか
  • 財とサービスの間の消費シフトがある理由、およびサプライチェーンと物価への影響
  • eコマースはどのように消費者の習慣を変え続けているのか
  • 旅行の回復をけん引しているフライトのタイプ
  • 経済の回復に影響を及ぼす可能性のあるリスク

「世帯は、通常通りに負債の返済、投資、銀行預金を行いながら、以前にも増した金額を貯蓄しています。消費者が以前の貯蓄習慣にどれほど早く戻るかは、成長の展望を理解する上で重要なポイントです。」

世界経済見通し(2022年)をダウンロードして、消費者とビジネスのトレンドの背景およびリスクに対して、2022年の世界経済がどのように進化していくのかについて、見解を深めてください。

レポートをダウンロード

By clicking download, I am requesting that Mastercard send me information about Mastercard business products and services. I acknowledge and agree that my personal data may be processed in accordance with Mastercard's Privacy Notice and Terms of Use.